高額査定なるか?!

こんちは、マサユキです。

僕のシエンタを買取してもらうには今はオンライン査定っていうのがあるみたいですね。ネットで車情報を記入して申し込みをすると、複数の業者がそれを見て連絡をしてきてくるそうです。

でもそこで一社にして買取を進めてはいけないんだそうです。必ず3社以上に査定依頼をすることが大事みたいです。車は他のものと違って査定依頼をして他の業者にも査定依頼をしてますアピールをすると勝手に競ってくれるみたいです。

そうする事で一番高い査定額で買取ができて、効率はいいらしく、こういうのは車一括査定っていうらしい。今はネットでの一括査定が普通になってて、直に車を持っていって買取してもらうとかっていうはほとんどないみたいです。

逆にそれをしてしまうと査定額を下げられがちになって得はしないんだそうです。少し相場が知りたくて調べてみたんですが、去年の段階で僕のシエンタは査定額が10万前後くらいにしかなってないので今はもっと落ちてそうで怖いです。

無茶な運転はしたことがないのでそこまで車体に痛みとかはないと思いますけど、さてどうしたものか…、悩みますね。

売れば車だからそれなりにはなるだろうって思ってたのでこの査定額を見るといくら車と言えども雀の涙くらいにしかならない事もあるのかと思い知らされました。

シエンタがまた故障

マサユキです。シエンタの調子が著しく悪いです。なんていったってもう16年前の車ですからね(笑)どこが悪いかも分からないくらいボロボロです。直ったと思ったらまたどこかが悪くなるという具合です。おじいちゃんです。

一応、故障の症状としてはエンジン部分からカラカラといった音がします。いつもお世話になっている地元静岡の車整備屋さんに見てもらったら、ウォーターポンプに異常があるようです。カラカラという音はウォーターポンプのベアリングが発っする摩擦音だと。すぐに大きな故障につながらないようですが、この状態を放置しておけば最終的にはエンジンを冷却するための冷却水が漏れ出してしまうことになるようです。エンジンを冷却する事が出来なくなりますから、走行中にオーバーヒートを起こしてしまう可能性が高まるようです。

なので、もういい加減買い替えようと思います。そもそも買い替えるといっても、こんな2003年式で走行距離7万キロのシエンタを車買取業者は買い取ってくれるのでしょうか?(笑)

せっかく親から譲ってもらった大切な車なので査定額ゼロ円というのは避けたいです。なるべく高価買取してほしいので、どうしたら高額査定してっもらえるのか調べてから慎重に売却したいと思っています!

静岡の高校でサッカーやってたときに監督に言われたことを思い出しました。
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」サッカー監督のくせにバスケ漫画のフレーズをパクるしょうもない監督でした(笑)